バンコクでワンピース電車! ~タイ・バンコク国外最大の中国人墓地 ~マレーシア・マラッカ

2012年11月29日

マラッカは中国? ~マレーシア・マラッカ

バンコクに続き、マレーシアのマラッカのお話です。

画像1
●「鄭和」像

マレーシアの古都・マラッカは一言で言うと、「中国」な街です。中国人と漢字にあふれた街です。

画像2
●マラッカ市内

もともとマレーシアにはいわゆる華僑(中国系)が多く、マレーシア経済を牛耳っているわけですが、ことマラッカと華僑とのかかわりは古く、明王朝のころまでさかのぼるのだとか。ハン・リーポーという明の皇女が従者600人と共に、マラッカ王国に嫁いできたのが移住の始まりだそうです。



画像3
●マラッカ市内

画像4
●マラッカ市内

ここに挙げたのは、いかにもなものばかりですが、このような建築が多いのは事実です。

画像5
●マラッカ市内

画像7
●マラッカ市内

一番の心配は、多くの華僑の影響からマレーシアの国全体が反日が主流になってしまわないか、ということです。マラッカ海峡は、中東から日本へ向かう石油タンカーの重要な航路の一部ですからね。これが遮断されたら日本は大変です。




<お知らせ>

中国での生活経験をもとにした中国・大連の情報ブログも公開・更新中!
こちらもぜひご愛読ください。


↓クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

 




 



jive301 at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)歴史 | 旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
バンコクでワンピース電車! ~タイ・バンコク国外最大の中国人墓地 ~マレーシア・マラッカ