宮城新昌

2013年11月01日

震災復興は現地の偉人から!

宮城県石巻市荻浜で、偶然なのですが、「世界の牡蠣王」と呼ばれた宮城新昌氏の新たな顕彰碑が建てられていました。

DSC00309
●新・宮城新昌顕彰碑(中央はカキのデザイン)

宮城新昌氏は、なんでも当地・荻浜港で牡蠣の養殖技術を著しく発展させて、世界の食用カキのほとんどが石巻ルーツと言わしめるほどにまでなったとのこと。

DSC00308
●破損した旧顕彰碑(1979年建立)

彼はもともと沖縄出身で、料理記者の岸朝子さんは彼の次女なんだそうです。先の震災で破損した旧顕彰碑に変わり建立された新顕彰碑の立派さには目を見張るほどでした。

DSC00316
●近くのある石川啄木の歌碑

まだまだ震災の傷跡の残る石巻ではありますが、無一文から「世界の牡蠣王」になった偉人の精神で復興を成し遂げられることを祈念いたします。

余談ですが、この顕彰碑のすぐ近くに石川啄木の歌碑があります。併せてどうぞ!



<お知らせ>

中国での生活経験をもとにした中国・大連の情報ブログも公開・更新中(たまに)!こちらもぜひご愛読ください。


↓クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ




jive301 at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)